2012年07月26日

体質改善

http://oumido.com/naka/naka.htm

参考にやってみます。

posted by shizenha at 18:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

二日酔い、食べすぎにはこれ

P1000681.JPG
スキャン.jpg
スキャン.jpg
スキャン2.jpg
posted by shizenha at 17:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

転載:毛が生える時代

<発毛>幹細胞移植で何度でも生える…マウスで実験成功
毎日新聞 4月18日(水)1時6分配信
¡ãȯÌӡ䴴ºÙ˦¡ëܿ¡ñ¤Dz¿Å٤ǤâÀ¸¤¡¯¤ë¡ĥޥüü\¹¤Ǽ¸³Àレジスタードマーク¸ù
拡大写真
毛を生みだす組織の幹細胞の移植を受け、背中に黒い毛が生えたマウス。移植から約45日後=東京理科大提供
毛を生みだす器官の幹細胞を培養して皮膚に移植し、同じ太さや硬さの毛を何度も生え変わらせることに、東京理科大などのチームがマウスの実験で成功した。18日の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に発表した。


【動画】移植した皮膚から黒い毛が生えたマウスの映像[[embed(http://video.mainichi.co.jp/pluginplayerv3.swf?video_id=48227968/48227968peevee462958.flv,1,425,380)]]

毛は皮膚に無数にある「毛包(もうほう)」という器官で作られ、体表まで伸びる。毛が抜けても毛包があれば、同じ場所から生える。

辻孝・東京理科大教授(再生医工学)らのチームは、大人のマウスから毛包の幹細胞を採取して培養し、生まれつき体毛のないマウスの背中に移植した。その結果、7割のマウスに3週間後に毛が生え、元のマウスと同様に3~5ミリまで伸びた。毛の硬さや縮れなどの特徴も同じだった。自然の毛のように、周期的に生え変わった。

移植する幹細胞の数を増減させることで、発毛の密度や本数を変えた。色素に関わる幹細胞を加えて培養し、白い毛を黒や茶にすることもできた。

組織や器官に再生する幹細胞は、通常は胎児にしかないが、毛包の幹細胞は大人にもある。そのため、自分の細胞を培養して使う、新しい発毛治療の開発が期待できるという。辻教授は「人へ応用するには、広い範囲に生やすための幹細胞の増幅技術の向上などが必要。10年程度を目標にしたい」と話している。【久野華代】

posted by shizenha at 17:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。